止々呂美ゆずのシュトーレン

前回に引き続きスタッフFです。
小野原店限定シュトーレンのお知らせです。
箕面・止々呂美(とどろみ)地区のゆずを使用した『止々呂美ゆずのシュトーレン』を販売します。

止々呂美のゆずは接木をしない実生(みしょう)栽培。
「桃栗3年、柿8年、ゆずの大馬鹿18年」と言われるように、
実生栽培のゆずは結実まで20年近くもかかるそうです。
しかし、その実は大粒で、香り高く、まさに最高級品です。
今回、ゆずプロジェクトさんを通してそのゆずを使わせて頂くことができました。

早速、休日を利用してサイクリングがてら収穫間近のゆず畑へ見学に行ってきました。
箕面グリーンロード(トンネル)を抜ければ早いのですが自転車は通れません。。。
箕面の山をのんびりと越えていきます。

箕面の山も徐々に色づいてきたようです。
今回、ゆずプロジェクトさんに中政園の中上さんをご紹介頂きました。


こちらがゆず畑です。
この木でなんと樹齢50年ほどだそうです。


ゆずの木には鋭いトゲがあり、
革手袋をはめて慎重に一つずつ手作業で収穫するそうです。
今年は猛暑のせいで収穫時期も遅れ、
量もだいぶ少ないそうです。

早速制作に取り掛かります。


まずゆずの皮の苦みをとるために「茹でこぼし」という作業をします。
水を替えては茹でる、を繰り返します。


ゆず本来の香りを生かす為に、
今回は癖のないグラニュー糖で炊きあげました。


砂糖を振り2日間寝かせれば自家製ゆずピールの完成です。
(他のパンにも使えそうです)

中種法で仕込んだ生地に・・・
いちぢく、レーズン、プルーン、クルミ、ホワイトチョコそして自家製ゆずピールをたっぷり練り込みじっくりと焼き上げました。
バターをくぐらせ、ゆずシュガーを全体にまぶせば完成です。

早速試食・・・もう少しゆずの香りを出した方が良さそうです。
その後試作を繰り返して・・・


ようやく納得のいくものができました!
爽やかなゆずが香る自信作です。
「止々呂美ゆずのシュトーレン」を是非お試しください。
1本1575円、ハーフ788円(共に税込み)

こちらも11月20日より販売開始予定です。
数に限りがございます。
ご予約頂ければ確実です。
※こちらは箕面小野原店限定商品となります。